治療・対策

うつ病に関与のタンパク質特定 岡山理大グループ、マウスで実験

投稿日: 執筆者:うつ病経験者

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

※5/31(水) 山陽新聞より

岡山理科大理学部の橋川直也講師(分子生物学)、橋川成美准教授(薬理学)らのグループは、うつ病に特殊なタンパク質「HSP105」が関与していることをマウスを使った実験で明らかにした。

既存の胃薬を投与すると症状が抑えられることも分かり、新たなうつ病の予防や治療法の開発につながる成果と期待される。

論文が31日付の米科学誌電子版に掲載された。

グループは、体内の至る所に存在し、傷付いたタンパク質を修復したり、細胞を保護したりするタンパク質群が、うつ病に関わっているとみて研究。

熱などのストレスによって増える「熱ショックタンパク質(HSP)」と呼ばれるタンパク質群で、他のマウスから攻撃を受けストレスでうつ状態になったマウスを使って関連性を調べた。

その結果、うつ状態のマウスでは多くの種類があるHSPのうち「105」というタイプが脳内の一部で減少していた。

HSPを増やす働きを持つ胃薬を経口投与すると、うつ症状の特徴である攻撃マウスに対する行動力の低下を抑えることができた。

The following two tabs change content below.
私自身、うつとは、かれこれ15年ほどの付き合いになります。 最初の5年は、本当にしんどかった。。。 私は、某メーカー系のシステムエンジニアとして、毎月100時間を超える残業は普通で、毎晩、ほぼ日付が変わるまで仕事していました。 その時は突然訪れました。 めまいが起きた後、過呼吸になり、パニック障害の感覚を初めて味わいました。 最初は慢性疲労と診断されました。 2回ほど自殺しかけましたが、結局死ぬこともできず。 今は、フリーターをしながら同じような状況の人達に少しでもお役に立てれば、と思いこのブログを書いています。







-治療・対策
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

抗うつ薬の働き

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。 うつ病の様々な症状は、脳の中で気分や意欲にかかわる働きをする神経伝達物質、セロトニンやノルアドレナリンなどの量が減少し、情報伝達がうまくいかなくなるため …

うつ病で働けない…「傷病手当金」を受け取るためのポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 -目次-1 傷病手当金制度1.1 1:“うつ病”で休職でも、傷病手当金をもらえる可能性1.2 2:傷病手当金をもらえる要件3つ1.3 3:もらえる金額は …

うつ病脱出マンガ「うつヌケ」に反響

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 -目次-1 異例のうつ病脱出者の体験マンガ2 意思疎通ができない3 再発4 自分を「褒める」ことの大切さ5 周囲の対応6 うつとうまく付き合えている。6 …

うつ病治療に使われる薬

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 【抗うつ剤】 典型的には、抑うつ気分の持続や希死念慮を特徴とするうつ病のような気分障害に用いられる精神科の薬である。 抗うつ薬には、『三環系抗うつ薬』『 …

「うつヌケ」の作者田中さんの記事がYahoo!ニュースに

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。 -目次-1 うつ経験を漫画に 作者の思い1.1 うつ病経験を漫画に 「うつトンネル」の向こうで待っています1.2 うつヌケのポイントは「人から必要とされ …






めざましテレビで紹介されたダイエット法がスゴイと大反響!

TOP