うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

病気の種類 病状

うつ病は遺伝するのか

投稿日:2014年1月29日 更新日:


自分のうつ病が子供にもうつりはしないか、血縁にうつ病の人がいるが自分も発症するのではないか、そんな心配事も出てくると思います。

特に子供を持つ親は、とても心配なことでしょう。最近は子供にもうつ病が見られるようですし、親としては「自分のせいでうつ病が遺伝したらどうしよう」などと不安に思うケースも少なくないのでは、と思います。

さて、血縁にうつ病の人がいる場合、同じ血縁内の誰かがうつ病を発症する可能性は高いと言われています。

親子または兄弟姉妹など直系の血縁者がうつ病だと、家族内での発症率は通常の2~3倍にもなるそうです。これが一卵性双生児だと、片方がうつ病になった場合、もう片方が発症する確率は30~90%ほどと、幅はあるもののかなり高い数字になっています。

このことからも、遺伝的な要因の強さが認められると言って良いでしょう。

これだけ聞くと、やはりそうかと肩を落としてしまうかも知れませんが、うつ病自体は遺伝だけによって起こるものではありません。遺伝という〝受け継いだ体質〟に加え、抑うつ症状を引き起こすだけの心理的負担があって初めて、うつ病という病気を発症するのです。

ですから、うつ病の親を持つ子供がいたとしても、その子供が実際にうつ病を発症するには、様々なストレス要因が複雑に絡み合う必要があるのです。ということは、遺伝だけで必ずしもうつ病を起こすとは言えないということです。

現代医学の進歩のお陰で、うつ病を引き起こす遺伝子の特定が可能になってきているそうです。まだ完璧ではないものの、将来的には遺伝子検査によってうつ病発症リスクを知ることもできるようになるみたいですよ。


スポンサーリンク

 

-病気の種類, 病状
-,

執筆者:

関連記事

うつ症状とうつ病の違い

よくうつ状態、うつ症状と表現されることがありますが、うつ病と、うつ症状であるのとは意味が違います。 うつ症状だからといって、うつ病と勝手に判断することは間違いです。 放っておくと危険な病気ばかりですの …

家族がうつ病の方へ 接し方

ご家族にできること ~厚生労働省のサイトより 家族としての対応は? ● 《病気の理解と基本的な対応》   「治療にはご家族の協力が重要」などといわれますと、大きな責務を感じて、ついつい力が入 …

SNSの人間関係が原因か? 若者に多い“非定型うつ病”

-目次-1 患者数が過去最多となったうつ病。1.1 Q:最近のうつ病の傾向を教えてください。1.2 Q:軽度、中等度、重度はどのような方法で診断しますか?1.3 Q:若年層の抗うつ薬の使用の注意点は? …

うつ病の人に言ってはいけない言葉

うつ病で気持ちが落ち込んでいる人は、言葉に対して過敏です。 何気ない言葉で心を深く傷つけてしまったり、思いやりで言ったつもりが逆に追い込んでしまうかもしれません。 いったい、どんな言葉が相手を傷つけて …

抑うつ神経症とうつ病の違い

「抑うつ神経症」は、医学上「うつ病」とは区別されています。 基本的には、憂うつ、無関心、無気力、悲観などうつ病と同様の「抑うつ症状」が見られ、うつ病との明確な境界線は非常にわかりにくい、というのが実情 …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com