うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

治療・対策 薬について

うつ病治療に使われる薬

投稿日:2014年2月3日 更新日:


【抗うつ剤】

典型的には、抑うつ気分の持続や希死念慮を特徴とするうつ病のような気分障害に用いられる精神科の薬である。
抗うつ薬には、『三環系抗うつ薬』『四環系抗うつ薬』『SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬;Selective Serotonin Reuptake Inhibitor)』『SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬;Serotonin-Noradrenalin Reuptake Inhibitor)』という種類があります。

抗うつ薬の薬理作用を簡単に言えば、『脳内の化学物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)を調整して、スムーズな情報伝達過程を実現することで、精神機能及び抑うつ気分を改善すること』と言えるでしょう。
特徴として『即効性がなく効果発現までに約2週間以上の時間がかかる。
副作用は服用後すぐに現れてくるが、うつ病改善効果が現れるまでに時間がかかるので自己判断で服用を中止せず、医師と相談しながら辛抱強く服用を続ける必要がある』という事が言えます。

商品名:トリプタノール、トフラニール、テトラミド、テシプール、ルジオミール、ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ、トレドミン、リフレックス、レメロンなど

【抗不安薬】

不安およびそれに関連する心理的・身体的症状の治療に用いられる薬剤である。
主に不安障害の治療に用いられる。不安障害やパニック障害、睡眠障害といった薬の名前に直接対応した精神疾患だけでなく、心理的ストレスが原因で起こっていると思われる頭痛・腹痛・胃部不快感・動悸・肩こり・腰痛・手足の痛みなどの心身症的な症状に対して処方される事もあります

抗不安薬と睡眠薬(睡眠導入剤)は、緩和な精神安定剤という薬効から『マイナートランキライザー』と呼ばれます。化学的分類が同一の薬剤が多く、作用と副作用も共通している部分が多いので、一緒にしてマイナートランキライザーと言うのです。

商品名:ソラナックス、コンスタン、デパス、セレナール、セパゾン、エナデール、リーゼ、メンドン、コントール、バランス、セルシン、ホリゾン、セレナミン、グランダキシン、セダプランコーワ、エリスパン、コレミナール、レスタス、レキソタン、メレックス、レスミット、メイラックス、ワイパックス、セディールなど

【精神安定剤】

向精神薬のうち、精神状態を安定させる性質を持つ薬物の総称。

【抗精神病薬】

広義の向精神薬の一種で、主に統合失調症や躁状態の治療に承認されている精神科の薬である。
メジャートランキライザーとも呼ばれ、向精神薬全体の中でも最も強力な精神安定作用を持つ薬です。
一般的に妄想や幻覚(幻視・幻聴)、作為体験(ある行動を取るように、幻聴により命令を受ける体験)、異常な運動興奮といった陽性症状のある『統合失調症(旧称・精神分裂病)』の薬物治療に用いられる薬で、『定型抗精神病薬』『非定型抗精神病薬』『持効性抗精神病薬』の3タイプに分けられます。

もっとも危険な副作用としては、大量の抗精神病薬の投与や静脈注射などによる『悪性症候群』があります。
これは、原因不明の高い発熱・大量の発汗・唾液大量分泌・頻脈・全身の筋肉硬直などが起こり、時に死亡する事もあります。
発生率は、抗精神病薬服用者全体の0.07~0.4%とかなり低く、医師の指示に従って、適切な用法用量を守って服用すれば必要以上の心配は要らないと思われます。
脳内の黒質線条体のドーパミン不足によって発症するパーキンソン病に似た『薬剤性パーキンソニズム』の症状が出ることがあります。
手や足が震えたり、痙攣したりして自分の意志で止めることが出来ないといった副作用です。

商品名:コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、メレリル,アパミン、ニューレプチル、ピーゼットシー、トリラホン、トリオミン、セレネース、ハロステン、インプロメン、ドグマチール、アビリット、ミラドール、バルネチール、エミレースなど

【睡眠導入剤】

不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。
睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。
睡眠薬と睡眠導入剤って厳密な定義の違いはありません。

昔、睡眠薬一般に対して抱かれていた『大量に飲むと死ぬ』『1回飲み始めると、薬物依存になって止められなくなる』といったイメージは、バルビツール酸系睡眠薬に対するもので、現在のベンゾジアゼピン系の精神安定剤(睡眠薬)では、相当量のOD(オーバードーズ:過量投与)をしても死に至る事は通常なく、禁断症状が出て飲まずにはいられないといった薬物依存状態にはなりません。

また、ベンゾジアゼピン系薬剤は、REM睡眠の抑制が少ないので、寝ている間に夢を見る確率が上がり、質の良い睡眠を取り易くなっているという長所もあります。
飲み過ぎで自殺に使える睡眠薬はバルビタール酸系と言い、抗鬱剤に使う相当強いもので、現在ほとんど出回っていません。
現在の睡眠薬の主流はベンゾジアゼピン系と言い製品名ではハルシオン、デパス、マイスリーなどがあります。

商品名:ハルシオン、アモバン、マイスリー、ルネスタ、デパス、エチカーム、レンドルミン、エバミール、ロラメット、ブロバリン、ラボナ、ネンブタール、リスミー、サイレース、ロヒプノール、ベンザリン、ネルボン、エリミン、ダルメート、ベノジール、フェノバール、ソメリン、ドラールなど




スポンサーリンク

 

-治療・対策, 薬について
-,

執筆者:

関連記事

子供のうつに母親が追い込まれ家族泥沼化も 運動療法に効果

大人のうつ病も社会問題となっているが、さらに根深い問題となっているのが子供のうつだ。 北海道大学の調査によると、うつ病と診断されたのは小学生で1.6%、中学生で4.6%にものぼるという。 猪子メンタル …

寝室明るいと「うつ」のリスク リズム乱れ心の不調に?

興味深い記事が掲載されました。 寝室が明るいと暗い人の2倍、うつになりやすいということらしいです。 夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チー …

「5月病」になりやすい人の特徴

次のそれぞれの項目について、自分に当てはまるかどうかを考えてみてください。 ・遅刻をするなんてあり得ない ・忘れ物をすることはほとんどない ・自分の部屋は整理整頓されていてとてもきれいだ ・やらなくて …

自律訓練法による治療

-目次-1 自律訓練法による治療①(自律訓練法とは)1.1 では、自律訓練法とは一体どんなものなのか?1.2 では、実際に自律訓練法をやってみてどう変われるか?2 自律訓練法による治療②(自律訓練法の …

うつ病予防・再発防止のポイント

うつの予防・再発防止については、有識者の間でも様々な見解があります。ここでは、うつを経験した当事者の声をまとめました。 -目次-1 個人としてできること1.1 (1)生活のなかでできること1.2 (2 …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com