うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

治療・対策

うつ病を予防するには?

投稿日:2014年2月28日 更新日:


誰もが風邪をひくように“心の風邪”といわれる「うつ病」は、決して特別な病気ではなく、誰にでも起こりうる病気である、というのは最近では、大分理解が広まってきたと思われます。

現代では、多くの病気の原因がストレスであることも、周知の事実だと思います。
まったくストレスのない生活を送れれば一番良いのでしょうが、社会に生きている限り、ほぼ不可能でしょう。
ある医療ジャーナリストの記事を見つけたのでご紹介します。

「気分が落ち込んで何もする気になれない」「自分に自信が持てない」と感じることは誰にでもあるが、それは単なるうつ気分。うつ病の場合は少なくとも気分の落ち込みが2週間以上続き、それ以外のうつ症状が複数表れるのが特徴である。

 

「気分が落ち込む」以外の症状としては、「不安」「焦燥感」などの感情の乱れがある。

それが「やる気が薄れる」「根気がない」などの意欲の低下に結びつき、「考えがまとまらない」などと思考力をも低下させてしまう。

 

さらに、「眠れない」「食欲がない」「だるい」など体にも不調が表れる。

このようにうつ病の症状は千差万別ではあるが、風邪と同じで「変だぞ!」と感じたら、すぐにうつ病を専門とする精神科を受診すべきである。早期発見、早期治療は早期回復を約束してくれる。

 

また、最近はうつ病の原因が脳内のメカニズム障害にあることがわかってきた。

人間の脳内には1000億個にものぼる神経細胞があり、絶えず情報を伝達し合っている。

より正確に書くと、神経伝達物質の受け渡しによって情報の伝
達が行われている。

そのなかでもセロトニンやノルアドレナリンが重要な働きをしている。

神経細胞と神経細胞の間にはシナプス(連結部)があり、そのシナプ
スに神経細胞からセロトニンやノルアドレナリンが放出される。

すると、それらの物質が次の神経細胞の受容体に結合し、情報が伝わっていく。

 

役目を終えたセロトニンなどは元の神経細胞の末端に取り込まれ、再度シナプスに蓄えられる。このとき80%が蓄えられるのである。

 

ところが、ストレスにさらされ続けるとストレス物質のコルチゾールが増える。

これがシナプスにあるセロトニンなどの不足を引き起こし、うつ病を引き起こすのでは、と考えられている。

 

うつ病予防には精神を安定させるセロトニンを減少させないようにするのが不可欠。

そのセロトニンの元になっているのが必須アミノ酸のひとつの「トリ
プトファン」である。

トリプトファンは体内で作ることができないので、食品から摂る以外に方法はない。

いうまでもなく、よりトリプトファンを摂取するに
は、トリプトファンの多く含まれている食材をより多く食事に取り入れることだ。

 

●トリプトファンの多く含まれる食材

バナナ、牛乳、チーズ、卵黄、ピーナツ、アーモンド、大豆、豆腐、納豆、湯葉、マグロ、カツオ、ゴマ、海苔など。

 

ただし、トリプトファンのみでセロトニンを作っているのではなく、ビタミンB6、B12、ナイアシン、マグネシウムなどと一緒に脳内で作っている。

つまり、バランスのよい食生活が重要だ。

そのようななかで、「1日3食の中で必ず豆腐を食べる」「朝食に必ず海苔を食べる」「朝食に必ずバナナを食べる」といった“こだわり”を持つと、セロトニンを減少させず、うつ病予防に結びつくと思われる。

まぁ、この記事は少し古いので、食事だけで予防できるような病気ではないと私は思いますが、

基本的に、規則正しい生活は、何にもまして、体調維持の基本ではないかと考えます。

あとは、ストレスを溜めないような、発散する方法を、その人に合った形で見つけるのが大事ではないでしょうか。

 


スポンサーリンク

 

-治療・対策
-,

執筆者:

関連記事

うつ病かな?と思ったら。セルフチェックしてみましょう。

  現代社会にはストレスの要因は数え切れないほどあります。 そんな中、体は疲れきっているのに、眠れない日々が続く、何もする意欲がわかない、不安やイライラ、その他テレビや雑誌などで「うつ病」を …

子供のうつに母親が追い込まれ家族泥沼化も 運動療法に効果

大人のうつ病も社会問題となっているが、さらに根深い問題となっているのが子供のうつだ。 北海道大学の調査によると、うつ病と診断されたのは小学生で1.6%、中学生で4.6%にものぼるという。 猪子メンタル …

うつ病の治療が変わる、血液で見抜く早期発見法

日経新聞の記事より抜粋です。 2014/4/13 日経産業新聞 Editor’s Choice 全国で約100万人の患者がいて、職場でも大きな課題となっているうつ病。 これまで客観的な診断基準が確立さ …

うつ病予防・再発防止のポイント

うつの予防・再発防止については、有識者の間でも様々な見解があります。ここでは、うつを経験した当事者の声をまとめました。 -目次-1 個人としてできること1.1 (1)生活のなかでできること1.2 (2 …

仕事の悩み&ストレスの9割が楽になる、超簡単な方法

先日、厚生労働省から発表された平成28年の労働安全衛生調査(実態調査)によると、働く人のなかで、強い悩み、不安、ストレスを持つ人は59.5%(平成27年調査:同55.7%)とのことでした。 その内容は …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com