うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

治療・対策 病状

「5月病」になりやすい人の特徴

投稿日:2014年5月16日 更新日:


次のそれぞれの項目について、自分に当てはまるかどうかを考えてみてください。

・遅刻をするなんてあり得ない
・忘れ物をすることはほとんどない
・自分の部屋は整理整頓されていてとてもきれいだ
・やらなくてはいけないことについては常に早めに準備に取りかかる
・得意なことと不得意なことの差があまりない
・感情や集中力の波はあまりない

いかがでしょうか? 皆さんはいくつ当てはまったでしょうか?
一見すると、当てはまった方がいい項目が並んでいるように見えますが、このほとんどに当てはまった方は要注意です。実は、「うつ病」になりやすい人の特徴なんです。

GW
が明けて、学校や職場でいわゆる5月病にかかったような状態の人が増えているようです。中には単にさぼっているだけの人もいると思いますが、かなり深刻な
状態の人もいるでしょう。4月から環境が変わってうまく環境に溶け込めず、1ヵ月は何とか頑張ったものの、GWで休んだことにより調子が崩れ、元に戻れな
くなるケースが多いのです。

普通だと、数週間くらいでその状態を乗り越えて、何とか頑張っていけるようになるのですが、長期化して「うつ病」に移行してしまう場合もあります。

カウンセラーも心や精神に関することを扱いますが、精神科医ではないので、病気の診断や投薬をすることは認めら
れていません。(一般の方はここの線引きがあまり分かっていないようです)

簡単に言うと、責任感が強く、真面目で、きれい好きな人がかかりやすいのです。上記の項目は1つの判定基準ですが、自分のうつ病リスクを知っておくのに役立つと思います。

スポンサーリンク

 

-治療・対策, 病状
-

執筆者:

関連記事

うつ症状とうつ病の違い

よくうつ状態、うつ症状と表現されることがありますが、うつ病と、うつ症状であるのとは意味が違います。 うつ症状だからといって、うつ病と勝手に判断することは間違いです。 放っておくと危険な病気ばかりですの …

うつ病は女が多く、過労死に男が多いワケ

うつの罹患率や過労死の数について統計をとると、男女で大きな差が出ることがわかっています。 うつ病では、女性の罹患率は男性の2倍。 過労で死ぬのは男性がほとんどです。   では、どうして女性の …

SNSの人間関係が原因か? 若者に多い“非定型うつ病”

-目次-1 患者数が過去最多となったうつ病。1.1 Q:最近のうつ病の傾向を教えてください。1.2 Q:軽度、中等度、重度はどのような方法で診断しますか?1.3 Q:若年層の抗うつ薬の使用の注意点は? …

子供のうつ病は発達障害併発も

うつ病は大人の病気だと思われがちだが、最近は小学生でもうつ病と診断されるようになってきた。 北海道大学の調査によると、小学生の1.6%、中学生の4.6%がうつ病と診断されたという。 そして、不登校はう …

私の、うつ体験

このブログを始めるに当たり、最初に私の体験談からお話ししたいと思います。 私自身、うつとは、かれこれ15年ほどの付き合いになります。 最初の5年は、本当にしんどかった。。。 2回ほど自殺しかけましたが …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com