うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

病気の種類 病状

睡眠障害とうつ病

投稿日:2014年6月4日 更新日:


うつ病患者さんにおいて、不眠は必ずといっていいほどみられる症状です。
また不眠が続くと、うつ病が悪化してしまうこともわかっています。

このため、うつ
病の治療において、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚めるといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、悪化を防ぐために
有効と考えられています。

逆に、

不眠が続くとうつ病になる可能性もある

眠れないという症状が続くと、うつ病になってしまう可能性があることが明らかになってきました。

このため最近では、眠れない・眠りが浅いといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、うつ病の発症予防に効果的であるといわれています。

 

うつ病での睡眠障害のパターンとしては、夜ゆっくりと眠れなかったり、朝目覚めても気分がスッキリしなかったりする【熟眠障害】、

ある
いはもっと長く寝ていたいのに、なぜか午前3時や4時に目が覚めてしまって、それからは眠れずに悶々とする【早期覚醒】といった状態になることが多いよう
です。

 

そのような時に、睡眠薬はある程度は有効なのですが、うつ病に伴う睡眠障害の場合には、睡眠薬だけでは十分改善せず、抗うつ薬での治療
が必要になってきます。

 

眠ることは食べることと同様に、人が生きていく上でとても大切な要素です。

また、睡眠障害とうつ病はとても密接に関係しています。

このため、『眠れないというだけで、病院に行くのはちょっと・・・』などとためらわず、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚めるという症状でお困りの方
は、早めに医師にご相談ください。

 

 

スポンサーリンク

 

-病気の種類, 病状
-, ,

執筆者:

関連記事

不眠治療で不安症やうつの症状が緩和されることを確認(英研究)

うつで不眠になるのではなく、不眠がうつを作る可能性。 不眠治療によって、不安症やうつの症状まで緩和されるらしいことが明らかにされた。 睡眠の問題は、不安症やうつといった心を病んだ人たちに一般的だ。 実 …

うつ症状とうつ病の違い

よくうつ状態、うつ症状と表現されることがありますが、うつ病と、うつ症状であるのとは意味が違います。 うつ症状だからといって、うつ病と勝手に判断することは間違いです。 放っておくと危険な病気ばかりですの …

うつ病は女が多く、過労死に男が多いワケ

うつの罹患率や過労死の数について統計をとると、男女で大きな差が出ることがわかっています。 うつ病では、女性の罹患率は男性の2倍。 過労で死ぬのは男性がほとんどです。   では、どうして女性の …

うつ病、若者の疾患と障害の最大要因 WHO報告

AFPBB News(2014年5月15日15時07分)からの引用です。 【AFP=時事】世界保健機関(World Health Organization、WHO)は14日、うつ病が若者の疾患と障害に …

症状が出る様々なきっかけ

Q.うつ病は、こころの病気ではないのですか? A.うつ病になると、「気がめいる」「ゆううつ」などと精神面に影響を及ぼします。 そういったことから、こころの病気と捉えても間違いではありません。 しかし、 …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com