うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

治療・対策 病状

MCI(軽度認知障害)発症リスクを判定するシステム開発。

投稿日:2015年4月6日 更新日:


うつ病の人はリスク高

MCIになりやすい人を早期に発見する独自スコアリングシステムを開発米国神経学会(AAN)は3月18日、MCI(軽度認知障害)発症のリスクの高い高齢者の特定に寄与する新たなスコアリングシステムを開発したと発表した。
同システムは、記憶障害の状態を早期に発見することを目的として開発され、被験者の疾患や状態によって、MCIになりやすい、なりにくいを判断する。

MCI発症リスクと特に高い相関性を示した因子は、年齢、心臓疾患の危険因子、抑うつ、不安障害、ならびに試験開始時における記憶または身体機能障害だった。
一方、認知症との関連性が指摘されているAPOE遺伝子については、中程度の相関性しか認められなかった。

健常者と認知症者の中間的段階、MCI(軽度認知障害)健常者と認知症の人の中間的な段階として、MCI(軽度認知障害)がある。

MCIとは、記憶、決定、実行などの認知機能のうち、一つの機能に問題があるものの、日常生活においては問題のない状態のことである。

記憶障害を自分自身で認識しており、全般的な認知機能に問題がない状態ではあるものの、MCIの状態を放置すると認知症となるケースがみられる。

認知症は、症状の進行を遅らせることは可能であるが、完治は困難である。

そのため、症状の早期発見と予防が重要となる。

MCI有病者数 約380万人(平成22年)平成22年の段階で、日本の認知症者数は約439万人で、65歳以上の高齢者の15%を占めているほか、MCI有病者数は約380万人であると推計されている。

高齢化社会が進行するにつれて、認知症者数が増えることが予想されていることから、今回の新たなシステムの開発は、認知症対策に寄与するものとみられる。

スポンサーリンク

 

-治療・対策, 病状
-,

執筆者:

関連記事

仕事でうつ病になった時、貰える各種給付金

-目次-1 傷病手当金給付1.1 ■休職と療養1.2 ■労災保険給付の請求1.3 ■傷病手当金給付の請求1.4 ■労災の証拠資料の収集 傷病手当金給付 仕事が原因でうつ病になった時、どのような給付金が …

家族がうつ病の方へ 接し方

ご家族にできること ~厚生労働省のサイトより 家族としての対応は? ● 《病気の理解と基本的な対応》   「治療にはご家族の協力が重要」などといわれますと、大きな責務を感じて、ついつい力が入 …

抑うつ神経症とうつ病の違い

「抑うつ神経症」は、医学上「うつ病」とは区別されています。 基本的には、憂うつ、無関心、無気力、悲観などうつ病と同様の「抑うつ症状」が見られ、うつ病との明確な境界線は非常にわかりにくい、というのが実情 …

女性に多い「うつ」、その治療法

ストレスの多い現代社会では女性だけが「うつ病」になりやすいわけではないですが、 女性のうつに関する記事がありましたので引用させていただきます。 ◆十分な休養と薬の服用で 軽いうちにしっかり治すことが大 …

【最先端】AIを使えば、かなりの精度で自殺を予測できる

[NewsWeek 2017.7] アメリカで毎年、自殺で亡くなる人は4万2000人以上。 99年~14年で、自殺率は24%増加している。 長年のデータや学説の積み重ねでわれわれは自殺の防止法、少なく …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com