うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

ヘルスケア 治療・対策

【予防】認知症発症と「性格」の関係=変えにくい性格にどう対処するか

投稿日: 執筆者:経験者


「怒りっぽい」「落ち込みやすい」など、人にはさまざまな性格がある。
その性格が認知症の発症と関係があるとすれば、発症の予防や早期発見に役立てることができないだろうか。
世界各国で行われている性格と認知症に関する研究でどんなことが分かってきたのか、東京都健康長寿医療センター研究所(東京都板橋区)の増井幸恵研究員に話を聞いた。(2017/07/12 時事通信)

 

神経症傾向との関連

神経症傾向、外向性、開放性、調和性、誠実性といった性格の5因子と健康との関連性についてはさまざまな研究が行われているが、「信頼性の高い知見が積み重なり、その人の持つもともとの性格と年齢による変化、認知症発症との関連などが分かってきました」と増井研究員は話す。

 複数の研究から、神経症傾向が強い人はそうでない人に比べて認知症になりやすく、誠実性、開放性が高い人は認知症になりにくいことが分かっているが、神経症傾向が強いことが脳の細胞にどのような影響を与えるのかはまだ不明だ。

 「ストレスは、記憶に深く関与する脳の海馬にダメージを与えると言われています。神経症傾向が強い人はうつになりやすく、ストレスの影響を受けやすいため、認知症になりやすいのではないかと推察されます」と、増井研究員は話す。

 

 

行動は変えられる

日本人は欧米人に比べて神経症傾向が高いと言われるが、「日本人は世界的に見て長生きで、神経症傾向が高いことだけが認知症の発症原因となるわけではありません」と増井研究員。

 認知症になりやすい神経症傾向と、なりにくい誠実性や開放性は同じ人の中で共存できるもので、ストレスを受けても上手に発散したり、物の考え方を変えたりすることで、元の性格による影響を減らすことは可能だ。

 さらに、「近所付き合いや地域のサークル活動に参加するなど、社会にうまく溶け込んでいる人は神経症傾向の悪影響が出にくいことが分かっています。神経症傾向が強い人ほど趣味を楽しんだり、積極的に社会参加をしたりと、活動的な生活を維持していくことが大事です」と、増井研究員は説明する。

 「健康長寿への道は一つではありません。人は死ぬまで成長していくものであり、年齢に関係なく新鮮な刺激を受けて、関心のある事に取り組むのが一番ではないでしょうか」と増井研究員はアドバイスしている。

スポンサーリンク

 

-ヘルスケア, 治療・対策
-, , ,

執筆者:

関連記事

弱音を吐く夫へ、妻がすべき正しい対処法

旦那様に「会社行きたくな…」と弱音を吐かれたことはありませんか?仕事で辛いことがあったり、ストレスを感じたりもするでしょうから、愚痴をこぼしたく なるのもわかります。奥様も、家族のために頑張っているご …

うつ病、世界で3億人超=緊急対応呼び掛け-WHO

【ベルリン時事】 世界保健機関(WHO)は3/30、うつ病を抱える人が2015年時点で世界で推計3億2200万人に上り、05年から約18%増加したと発表した。 チャン事務局長は「すべての国が緊急に対応 …

「睡眠負債」を返済する! “寝だめ”はできるか?

最近注目されている「睡眠負債」という言葉。 毎日の睡眠不足が積み重なると「睡眠負債」となり、命のリスクにつながることが様々な研究から明らかになってきた。 日本人は世界的にみて睡眠が不足していると言われ …

睡眠不足解消! 自律訓練法で睡眠名人

薬を使わない不眠症の治療で、高い効果が実証されているものに、自律訓練法があります。 -目次-1 自分に催眠術をかける?2 催眠術から自律訓練法へ3 まずは、標準練習から4 静かなところでくつろぐ 自分 …

子供のうつ病は発達障害併発も

うつ病は大人の病気だと思われがちだが、最近は小学生でもうつ病と診断されるようになってきた。 北海道大学の調査によると、小学生の1.6%、中学生の4.6%がうつ病と診断されたという。 そして、不登校はう …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com