うつ病でお悩みの方へ~私の経験

私の体験談をもとにチェックの方法、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝いをさせてください。

ヘルスケア

【本当?】座り続ける生活で死亡リスク増、「30分毎に運動を」 米研究

投稿日:2017年9月12日 更新日:


(CNN) 日常生活の中で座って過ごす時間が長過ぎると、早死にするリスクが高くなるという研究結果を、米国のチームが11日に明らかにした。

一度に連続して座る長さが30分間を超えた場合、リスクはさらに上昇するという

米コロンビア大学医学部のキース・ディアス博士が率いるチームが、11日発行の米内科学会機関誌「AIM」に発表した。

チームは白人よりも黒人、とりわけ米国南部の黒人に脳卒中が多発する理由を探るため、米国立衛生研究所(NIH)の出資で実施された地域別、人種別の脳卒中研究プロジェクト「REGARDS」に着目。

同プロジェクトに協力した参加者のうち、45歳以上の白人と黒人合わせて7985人の日常動作を、平均4年間にわたって追跡した。

対象者の腰に加速度センサーを装着し、座って過ごす時間の長さを計測したという。

研究期間中に死亡した人の数を原因にかかわらず合計すると340人だった。

チームがデータを分析した結果、対象者全体の平均では、睡眠時間を除いた1日16時間のうち座っている時間が12.3時間、一度に座り続ける長さは11.4分だった。

従来の研究で成人は1日のうち平均9~10時間を座って過ごすとされてきたが、今回は中高年が対象だったこと、自己申告ではなくセンサーを使ったことにより、これを上回る数字が出たとみられる。

 

チームによれば、1日に座っている合計時間や、立ち上がらずに座り続ける時間が長くなるにつれ、年齢や性別、人種、体格指数(BMI)、運動習慣にかかわらず、死亡のリスクが高くなることが分かった。

例えば1日に合計13時間以上座る人は11時間前後以下の人に比べ、死亡率が2倍に上昇していた。

また、一度に座り続ける時間が30分未満の人は、30分を超える人より死亡のリスクが55%低かった。

90分以上座り続けることが多かった人の死亡率は、そうでない人の2倍近くに達していた。

両方の要因を合わせると、1日に計12.5時間以上座って過ごし、一度に30分以上座り続けていた人の死亡率が最も高かった。

1日12.5時間を下回るグループでは、一度に座る長さの影響はほとんどみられなかった。

座るという行動が健康に影響を及ぼす仕組みは解明されていない。

専門家の間でも、座っているうちに「インスリン感受性が低下する」「消費カロリーが低下する」など、さまざまな説がある。

それでは立ったまま作業ができる「スタンディングデスク」を使うのは有効か、という質問に対し、ディアス博士は「座った姿勢より健康的だという根拠は限られている」と述べた。

同博士は長時間座る生活が避けられない場合の最善策として、30分ごとに休憩を取って動き回ることを提案。

「我々の研究は、この一点を改善するだけで死亡リスクが下がり得ることを示している」と強調した。

スポンサーリンク

 

-ヘルスケア
-, ,

執筆者:

関連記事

夏は冬より睡眠時間が少ないってなぜ?

なんだかはっきりしないお天気が続いてますが、ムシッと暑い今年の夏。体調を崩しそうな天候ですが、みなさんちゃんと寝られていますか?   ドコモ・ヘルスケア株式会社が、ウェアラブル活動量計「ムー …

小指に〇〇を貼るだけ!巷で話題の快眠法

暑日に熱帯夜…夏って寝苦しい日が続きますよね? うまく眠りに入れない人や夜中に何度も目が覚める人、朝の目覚めが悪い人もいるでしょう。 クーラーをつけるべきか迷う今日この頃ですが、みなさんはどうしていま …

損失余命と健康利得の考え方

「損失余命」という用語があります。 WHO(世界保健機関)など各国の医療機関・団体で使用されている「何らかの行為によって縮まる寿命」のこと。   しかし、損失余命にとらわれると何もできなくな …

睡眠負債を溜め込まない! 質のよい眠りのために重要な3つ

わずかな睡眠不足がまるで借金のように積み重なっていく「睡眠負債」。ガンや認知症など生命にかかわる健康被害のきっかけともなり、日々の生活の質を低下させていくさまが「NHKスペシャル」などテレビでも取り上 …

「何もしていないのに疲れる人」が変えるべき習慣

鏡に映った自分を見た時、抜け殻のように活力の無い顔をしていると気づくことははありませんか? 蓄積した疲労は疲れとして感じるだけではなく、表情にも表れてしまいます。 -目次-1 疲れの要因は、人それぞれ …

サイト内検索

スポンサーリンク
  1. 体験談
  2. 治療・対策
  3. 病気の種類
  4. 病状
  5. 自己チェック
  6. 薬について


TOP

This site is protected by wp-copyrightpro.com